2008年6月9日月曜日

Shisen

四川料理は、中華料理のなかでも、中国4大料理のひとつとして重要な位置にあります。四川料理の特徴は、様々な食材と調味料を使用して、一つの料理には一つの味を出すという伝統があることです。本場の四川料理は味付けが濃いようですが、代表的なメニューとしては、麻婆豆腐やエビチリソースやバンバンジー、などで中華料理としては最も親しまれています。また、四川料理は、日本料理ではまず使用しない調味料、香辛料をたくさん使います。唐辛子、山椒、はおなじみですが、八角や、花椒は聞き慣れないひとも多いのではないでしょうか。八角は香りが非常に強いので、普通は1、2片を入れるものです。この八角というものはとても硬く、普通は香りを出すだけで食べません。花椒は、四川料理に限らず、中華料理全般に欠かせない香辛料の一つです。中国ではとてもポピュラーな香辛料で、四川以外での地方では花椒粉を使います。分かりやすく言うと、よく麻婆豆腐にかかっている灰色の粉です。四川料理の料理人といえば日本では陳健一さんが有名で、都内に四川飯店というお店を構えています。お店の場所は赤坂で、コースは、三種別盛り冷菜、エビのピリ辛マヨネーズ炒め、フカヒレとやわらか牛肉の煮込み、太刀魚のサクサク揚げスパイシーソース、カリフラワーの蟹肉あんかけ、陳麻婆豆腐とご飯、季節のフルーツ入り杏仁豆腐からなる「6300円コース」と、四種別盛り辛味冷菜、牛肉とアスパラのあっさり炒め、大エビのピリ辛マヨネーズ炒め、土鍋入りフカヒレの醤油煮込み、鴨のクレープ包み焼き、ホタテとカリフラワーのクリーム仕立て、ご飯物、デザート二種からなる「1050円コース」と、季節のおすすめオードブル、和牛の辛子炒め、ホタテのバジルペースト炒め、土鍋入りフカヒレのピリ辛煮込み、鴨のクレープ包み焼き、伊勢エビのチリソース、ご飯物、デザートプレートからなる「13650円コース」があります。ここに来れば四川の何たるかを肌と舌で感じることができるでしょう。ランチタイムには、サービスランチや、ランチコースもありとてもリーズナブルなのでこちらを利用するのもいいかもしれません。

2 件のコメント:

Steve Ballmer さんのコメント...

Check out my Band, Balm:

http://virb.com/balm/

Food Promotions さんのコメント...

We would like to invite you to visit http://foodpromotions.blogspot.com/

Cheers
FP